2010年2月20日 (土)

真空管でジャズ

趣味と言えるほど凝ってはいませんが、診療室にたまにジャズを流します。
Ipodに取り込んだものを真空管アンプで再生するのです。

最近の低音と高音だけ強調された音楽とは異なってとても豊かな音なのです。

Tube1

来週、知人の作ったレーベルからジャズのCDが発売されますので今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

休日はいつも温泉

渓流の解禁まであと半月。
やることのない休日は温泉と道の駅なのだ。

今日は家内と一緒では無いので普段行けないコアーな温泉(鉱泉)を目指す。
毎年、湯めぐりスタンプラリーに参加しているので90%は制覇しているのであるが・・・少し古びた(女性が行きたくなさそうな)所をチェック。

A1
内原鉱泉は水戸インター近くでイオンの大型店がすぐ側で、休日の道路は混雑していた。
でも「湯泉荘」は閑静な森の中。
A3
実際の画像はこれ
A4
でも、臨時休館だげっそり
A5
仕方ないので極秘資料から湯の沢鉱泉をピックアップして、カーナビにセットした。

ところが峠が雪で「通行止め」の看板が道路に出ていた。

諦めきれないので電話してみると、開いているとのこと。
管理者が車を下に置いて歩いて来たのだと言う。
ワタシは4WDのスタッドレスだから平気なんだもんねわーい(嬉しい顔)
看板の横をスイスイと・・付いたのは桂村老人福祉センター。
A6
そこのお風呂が「湯の沢鉱泉」なのだった。

この雪で村の送迎バスは運休らしく、何とワタシの独り占めだった。
小さい湯船の方だったけど、到着したときはお湯を入れておいてくれたのだった。
A7
沢に湧き出る鉱泉であるが、さっぱりすべすべホカホカの良泉だった。
ビジターだから500円だけど、老人は200円(65歳以上)。
老人以外は村内も村外もビジターね(^^;

今まで何度も桂村には行ったけど気づかなかったぞ。

帰りは当然桂の道の駅。
A8
芋と饅頭としいたけの原木を買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月31日 (土)

さよならミッジ

midge 家内が昔遊んだバービー人形のお友達で、手元にあった最後のアイテム「ミッジ」を手放した。

レアものだというのは解っていた。

問題は誰に嫁がせるかだ・・・。

ヤフオクに出品して、以前お世話になった何人かに告知した。

予想通りのメール攻撃だった。

「手の指は全て揃っていますか?」「髪の毛の生え際はどうなっていますか?」「唇の塗装はどんな状態ですか?」「私に売りなさい、可愛がってあげるわ」「外国の乾燥した環境下のほうがこの子のためよ」「10万で売ってくれないというのは最初から売る気が無いのね?」「まだ諦めませんから」「あなたは商売人なの?」

こうなると、オークションで競ってもらうしか無い。

海外に発送しないと宣言したにも関らず、海外(多分香港とアメリカ)からの入札も多数あったが、結局201.000円という高値で落札された。それもバービー関連の本も監修されている国内男性の手に。理想だね。

うちの押入れで朽ちるより、コレクターの手で蘇ってくれたほうがどれだけ幸せか(^_^)

出来るならいつまでも国内に居て欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

ガンダマ

gandama ガンダマをテスト中。

ガンダマって釣りには欠かせない錘なんだけど、語源は猟から来ているらしい。

散弾銃の玉に使うからガンの玉か、雁を撃つからガンか知らないけど。

で、従来は鉛で出来ていた。

釣り糸が切れたときに水の中に残るから、これが環境によろしくないわけで・・・。

ブラックバス釣りの連中のソフトルアーも水中に残って、遺伝子撹乱物質(いわゆる環境ホルモン)が溶け出す。

まあ鉛もおんなじようなことです。

何故釣りに錘を使うかと言うと、魚の居るポイントまで餌を早く沈めるためなんですよ。

それで小さくて重いものが効率よい訳です。だから素材は鉛な訳です。

あと同じような比重だと金なんだけど、グラム単価が違うから。

私はタナゴ釣りに金の錘使ったことあるけど・・・。バブルの頃ね(^_^;

それで、脱鉛をずっと考えていたんだけど、ようやく使えそうなものが開発された。

外国で使われる散弾で、亜鉛とビスマスの合金です。

価格は鉛と勝負出来そうだけど、問題は比重と硬さ。

画像左が市販のガンダマで、規格は3B 0.9g。右はテスト品で同じ規格で0.66g。

対比0.7333なんですが、もし同じ重さが必要だと2ランクのサイズアップが必用です。

そんなテストをこれからしばらくやります。

海釣りの錘が洋梨だとすると雑魚釣りのそれはハナクソだけど、意味は同じ。

日本の水辺から鉛が消えるのはいつ頃かなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)