2014年11月26日 (水)

秋田美人ライン

昔から鮎釣りに行っていた秋田県米代川水系阿仁川にお気に入りの場所がありました。
見上げると鉄橋の上を小さな列車が通過して行くのです。

いつか乗って見ようと思っていました。
そしてようやくチャンスが訪れました。

A_2
鷹の巣駅からホリデー周遊きっぷ1,000円で自由な旅に。

B1_2
いつもの釣り場を下に見ます。

B2

ここは超有名な撮影スポットだったんですね。

B3
秋田美人ラインと言うだけのことはあります。
こんな1両の列車にもコンシェルジュ?が乗っています。
(途中の有人駅で降りちゃうけど(^^;)

C
目的の比立内駅で降ります。
ここから歩いて道の駅を目指します。

D
目的はバター餅でした。
これが元祖です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

週末秘境

キノコの季節になったので蕎麦を食べに出かけました。
午前中の診療を終えて、高速道路に乗る前に腹ごしらえ。

1


珍しく空いていました。
いつもはおばさんたちが長居していてゆっくり出来ないのですが、本日は何と貸切!!
内緒のお店だけど公開します。
足利蕎麦・焼きそば詣での時にでもどうぞ。
http://tabelog.com/gunma/A1002/A100203/10010673/dtlmap/

さて本日の宿は松之山温泉です。
手前の名所に寄りました。
2
ブナ林(日本一?)らしいですが、戦後の植林ですね。
70年だとまだ若い美人(^^;

松之山温泉はジャンルで言うと油臭温泉。
日本三大薬湯だそうです。
クレオソートの香りかな?
ホウ酸も多いので目にも良いのかも・・・。
ただし劇熱ですからご注意。
湯船の入り口に「薬湯でも酔いは覚めません」のポスターがありましたが、酔って入ったら火傷して死にますから(^^;
湯口75℃、浴槽42℃なんて書いてありますが、湯口90.4度らしいです。

4


夕食は隣の居酒屋で、麩海苔の蕎麦。800円。
まっヘルシーだけどね。
コンビニで買ったサラダと0カロリーゼリーを部屋で食べました。

3

翌朝、部屋の窓から清流を眺めて見ました。
四国の四万十川は清流の最後と呼ばれるまでに落ちぶれて来ましたが、この川いやドブは何でしょう・・・この橋の上から立ちションするの?

5

さあ、早めにチェックアウトして秘境秋山郷に向かいます。
40年近く前に、何度か行きました。
悪路と峠はラリーにもってこいだったんですね。
12,00ccの改造車で夜中に走り回りました。
もちろんこんなこと書かなくても秘境でした。

6

さらに、何だよこれ(^^;
62
こういうのを製作する人の顔が見たいです。

それでもこんなところは残っていました。
7
切明温泉露天風呂。500円。

72
切明温泉河原風呂。無料だけど渇水のために熱くて入れませんでした。

8
これぞ秘境の秋です。

でもこんな看板も・・。

10
設備抜群って・・・ラブホテルですかね(^^;

そんなこんなで、秘境を後にして目的の山菜だらけ蕎麦にありつきました。
900円。

11


秋になるときのこが入ります。
本日はナメコとスギヒラタケ(中央の白いの)でした。

今年はもう一度行けるかな??







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

3月11日のこと、そして名古屋

去年の3月7日は三陸に釣行していました。

そして3月11日に大変なことが起こり、その後何度か現地に出かけました。

一年経った今、まだ気になっていた場所があったので出かけて来ました。
1
昨年サクラマスを掛けた川。橋の左の宿泊施設は消えていましたが、この地区は明治の津波を教訓にしており、高地に住宅を建てたためにそれ以外の被害は無かったそうです。

2
防潮堤はあるものの・・。

4
三陸鉄道の線路は流されました。
かろうじてこれが防波堤となり駅は残りました。

5
かもめの玉子のさいとう製菓本店は移転していました。

7
三陸町の沢は以前と変わらず。

8
良型のイワナが釣れました。



そして翌週名古屋方面に出かけました。
東日本のことは何も無かったような雰囲気です。

コメダ珈琲店のシロノワール。

12

某喫茶店のモーニング。
11

3月は走行距離5,000kmをオーバーしました。
還暦記念という感じでした。

岩手には今後も復興支援と言う名の釣りに出かけるつもりですが、名古屋の再訪は無いと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

週末遠足@埼玉県行田

 最近はFacebookばかりで、ブログは放置気味でした。

月に1つくらいは書かなくてはイケないですね(^^;

 先週末、関西からネット仲間?の歴女おばさんたちが埼玉県行田市まで来るというので案内させていただきました。

実はワタシも行田は初めてです。自宅から30kmも無いので近すぎて行かなかったのですね。

待ち合わせは行田駅に7時45分だったのですが、上野駅の乗り換えを間違えて30分遅れるという連絡が入りました。

 そこでロケハンです。

まずは古代ハスの里へ。

401040_223993021020035_100002280155
凍ってましたよ。もちろん蓮の花など咲いている訳も無く・・・。

続いてさきたま古墳群。

409052_224003967685607_100002280155
管轄が文部科学省になっていたので、天皇家の関係の人は祀られていないのだと思います。

聖徳太子のお墓に行ったときは宮内庁の管理らしく、近づけなくなっていました。

さあお目当ての忍(おし)城の甲冑隊。

401515_224096911009646_100002280155


週末に現れます。

ここは家康が唯一落とせなかった城らしいです。

お姫様が可愛かったです(*^_^*)

サービス精神旺盛の武将だったので、持ち込んだカレンダーを撮影しました。
407582_224061387679865_100002280155


あとはB級グルメのBランク「ゼリーフライ」。
姿が小判なので銭フライ→ゼリーフライと訛ったそうです。

406631_224184124334258_100002280155


おからに野菜を少しれて揚げてソースをかけたものです。
コロッケの不味いものだと想像してください。
冷めたものを食べたら胸焼けするのはB級グルメのお約束。

時間が余ってしまったので、東照宮までお連れしました。

歴女には嬉しい場所だと思ったのですが・・・。

390995_224140777671926_100002280155


なんと15時30分で終わっていました。いくら冬時間とは言え・・・。
神奈川県の修学旅行が放射線量の関係で中止されたと聞きます。

がんばれ日光!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

行きたかった場所

20年程前のことになる。

ドキュメンタリー番組で100歳の女教師の最期を見守る高校生たちがいた。
なんと清らかなこと・・。
いつかその高校を見てみたいと心の隅で思っていた。

しばらく忘れていたのであったが・・・・最近、息子の同級生の父親(某市の市長)がその高校の卒業生だということを知り、ますます行きたい思いが募った。

 その高校は基督教独立学園と言う自給自足の全寮制高校で、1学年定員25名ほどの日本一小さな高校で山形県小国町にある。

山形県小国町は何度も通過したし、何度も釣りに行っている。
新潟との県境にあり、新潟側の関川村には定宿がある。

1
関川村は荒川流域の静かな村。

ねこちぐらの村でもあり、現在予約は2年待ちとか・・。
3
この越後関川高瀬温泉の山路旅館は釣り師の間では知られた宿で、リーズナブルな価格と美味しい料理が自慢。

4

すぐ裏手に源泉があり、熱い風呂としても知られている。

5


一泊二食で7,000円の夕食は。

6
鮭と蕪のクリーム煮。

7
鯛・ブリ・ホタテの刺身

8
鱈・鱈子・鱈白子・牡蠣・タラバ蟹・マイタケなどなどの鍋。

9
のっぺ汁 ワタシのリクエストで作ってもらいました。

10
食用菊

11
天然アユの甘露煮  夏は塩焼きとカジカが出ます。

南魚沼に次ぐ新潟コシヒカリの産地岩船のご飯は不味い訳がない。
何よりも5部屋しかない旅館なので、静かにぐっすり眠れるのだった。

翌朝。
車で30分程で小国町のさらに奥深く、叶水集落に着く。

12
下流にダムが出来た為、予想以上に道路が整備されていて思わず通過してしまった。

13
左側に立派なグランドゴルフのコースがあるので、この標識を見逃してしまった。

14
県道からはすぐに学校の門?が見えた。

15
これは裏側。

16
校舎とグラウンド。
多分日曜礼拝の最中なのだろう・・・。生徒の影は無かった。

17
校舎正面。

18
農場。反対側には牛舎があった。


内村鑑三の教えが教育方針。

読むべきものは聖書
学ぶべきものは天然
為すべきことは労働

携帯電話もラジカセもゲーム機も無く、朝夕の作業があり消灯は10時。

もしもう一度高校生に戻れることがあれば、この学校で!

と思ったけど・・無理だろうなぁ・・だって目の前の川にイワナが居るんですぜ(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

海老で釣った鯛をタダで貰う

鮎釣りシーズンが終わると、釣仲間は色々な釣りに帰って行きます。
いわき市のS先生とK先生から、木曜日に鯛を釣りに行くので来ませんかと誘いを受けました。

茨城県北茨城市の平潟港だと言うので、温泉もあるし行くしかないでしょ。
ワタシは船酔いが酷いので船釣りはしないので、鯛だけ貰う算段です。

それに、いわき市には有名な店が沢山あるのです。

勿来(なこそ)ICを下りると
1
そうだメヒカリで有名だったのだ。
でも最初の目的はゼリーの家
2
普通の民家(^^;
玄関で手作りゼリーを売っている、超人気店。
3

一個252円というのは田舎の菓子屋としてはどうなんだろう?
家内は絶賛していたけど、ワタシはプッチンプリンジャンボの方が好きかな??。

途中でタクシーが何台か停まっている店を発見!!
4
運転手御用達ということは安くて旨くて早いのだと思う。

ところが満席状態だったので断念。

続いて平潟港入り口に蕎麦屋発見!!
5
何でもこの店がイクラ蕎麦発祥の店なんだそうだが・・。

蕎麦にイクラ掛けるなら、別々に喰いたい。
で、普通にもり蕎麦大盛りを頼んだ。
6 7
すばらしい喉越しだ。
目をつぶると稲庭うどんとの判別が付かないだろう(^^;
田舎に多い薄い汁・・・主人は何処で修行したのだろうか?
海草でもつなぎに入れているのかも??
蕎麦湯を入れたら醤油の味しかしなかった。
被災から立ち上がるために開店した店だけど、長く続けるのだったら。
もっとがんばっぺ茨城!!

そして坂を下ると
8
海が見えてきた。
寂しくて悲しくて頬擦りしたくなる風景・・・。
9

3.11の影響なのか平潟港温泉はやっと日帰り入浴を再開したようだ。
10

フロントで300円を払うと貸切だった。
11


12

ちょっとスリムになったのでタオルを腰に当ててみたが、まだ一周りできない下腹部がそこにあった(^^;
13

それから港の神社に参拝して
14 15

不思議なもの発見(^^;
17 16

しばらくすると釣友を乗せた船が帰って来た。
18
大漁のようだが・・・ちょっと顔が暗いな。
19
何と10万円の竿を太平洋に奉納したらしい(^^;

つまり10万円+船代の鯛なのだね。
20
知り合いの店で裁いてもらって、ありがたく頂きました。
持つべきものは友達と行きつけの店ですねhappy01

そしてデザートはいわき名物ジャンボシュークリーム。
21
太平洋のセシウム鯛よりも体に悪いシュークリームなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

そして告別式

苫小牧には午前1時着。
マクドナルドで深夜?ハンバーガーを。

それから高速道路で札幌を抜け日本海側の留萌市まで。

そして明るくなった頃に小平町の道の駅で休憩。
番屋です。ここからニシンが来るのを見たんですね。

8_4


7_2

バス停に旗を立てた自転車おじさんが居ました。

怪しい人では無く、3.11復興祈願で日本一周の自転車行、福岡から稚内に向かっていました。
9_2

8月いっぱいで北海道を周り、九州には9月中には帰りたいと言ってました。
一日140km走るそうです。

1011


風車の続く道路を進むと、目的地の羽幌町です。
北海道の海水浴はテント持参&バーベキューが一般的らしいです
秘密の県民ショーで言ってた内容が初めて真実だった一コマです。

12

告別式には十分間に合いました。
北海道も暑いです。

13

14

そして昼前、海岸沿いの町の火葬場で荼毘に付されました。
カモメが飛び交い遠くに船が見えました。

15

オロロン鳥の生息地からの定期船とのことでした。

16

法要の席をお断りして、地元の市場で勝手にお清めしました。

18
海鮮丼1,400円

ワタシはウニ丼1,600円

17

今回釣竿は車から降ろして行ったのですが、クーラーBOXは常駐でした。
水蛸やウニやタラバガニを詰め込んで帰ったのは言うまでもありません。

19

帰宅してから、再度タラバ蟹でお清めです。
喪服を着ていたので「Oさんの友達かい?」と、2,500円を1,000円にしてくれたのでした。

Oさんは偉大でした。
文系の大学を出てから一度社会に出て歯学部に。
ワタシは入試の時に隣の席でしたから、友達の中でも一番付き合いが長いのでした。
大学の教職員も一目置くほどの一般教養を持った変な学生でした。
30歳を超えていたのに学生証を提示して成人映画を一緒に見たのも想い出です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友達に会いに北海道へ

3日4日は夏休みを取っていました。

そんな8月の初めの日に訃報が入ったのです。
同級生のOさん(年齢が10歳上なのでさん付けで呼んでいました)が、土曜日の夜にご近所を集めてバーベキュー宴会を開催して大酒飲んで、翌朝起きて来なかったので見に行くと・・。

ある意味理想的な最後かも知れません。
都会では温かい内に救急車で運ばれると死ねません。

8月の第一週は北海道の観光ピーク、東北も三大祭りの始まりです。
こんな時に航空券や宿を取るのは至難の業です。

フェリーが確保できたので、車で行くことにしました。

八戸まで650kmです。頑張って7時間で到着。
1


時間帯だと思いますがガラガラでした。
23

4

パンフレットの設備では浴室と24時間レストランがありますと・・・。

6

レストランとは冷凍自販機、セルフレンジ調理。
浴室というよりは風呂。

5

疲れていたので入りませんでした。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

四国鮎遍路-帰路-

夜は8時に寝た。
LANなどあるはずも無く、ロビーにはパソコンがあったけどMixiもFacebookもセキュリティーがかかって使用出来ないのだった。

6時半まで爆睡。
B1
雨だった。

朝風呂に行くと眼下に釣り師が居た。
まったく釣れない。だって底は砂ですけど(^^;

朝食もなんだかな~だった。
B2
天然鮎の干物が出たけど小さい(ある意味正直)。
温泉玉子に醤油をかけたら変な味というか四国の醤油は甘いんだったふらふら
この宿は素泊まりの方が正解だと思った。
どうせ食堂で朝夕食べるのだから、その場で注文したほうが温かいものは温かく食べられる。

8時半にチェックアウトして室戸岬に向かった。
ワタシの家は真言宗なので空海は一応外せない(^^;
B3
ここが空海が悟りを開いたとされる洞窟。
B4
中は
B5

やはり何か感じる・・・。
帰りにお札でもと思って建物に寄ったら「菅直人お遍路お立ち寄り」の写真が飾ってあったぷっくっくな顔
違うだろ!!
確か女性問題でお遍路したんだよね??

お遍路と言うのはこういう人を指すのだ。
B6
途中何十人も雨中のお遍路さんに出会った。

今回の目的のひとつ23番札所薬王寺が見えて来た。
B7

その前に手前の道の駅で昼食。
B8 B9
バタークリームに砂糖ザラザラの美味しいパンだった。

そして薬王寺到着
B10
今風のバス遍路。

ワタシもなんちゃって遍路を。
本当は鮎竿を持って行こうと思ったけど、前日竿キャップを落としてしまったので、出来なくなったのだ。
B11
さてと、狭心症の発作が出たらニトロール飲めば良いしわーい(嬉しい顔)

まず女厄坂33段
B12
そして男厄坂42段
B13
難なく登頂
B14

ところがそこに還暦厄坂と言うのがあったげっそり

「これは60段行くしか無いでしょ」と息子が言う。
B15

お父さん頑張るの画像。
B16
実は途中で1回休んでいる(膝に来た)

無事上まで到着
B17

目的を果たし、徳島市に向かう。
小腹が減ったので(実は予定通り)
徳島ラーメンを食べに行った。以前も訪れた超有名店。
B18

ラーメン中+玉子を食べた
B19
息子は肉ラーメン大+玉子-モヤシ・ネギ+ライス中を完食。
いつ食べてもすき焼きと同じ味だ。

店内に阿部元総理のサイン入り色紙があったあせあせ

4時に店を出て淡路島を渡り、神戸に入ると渋滞
B20
さらに大阪も渋滞
B22
途中下車して富田林に着いたのは夜8時過ぎだった。

小腹がすいたのでお好み焼きを食べた。
B23 B24

関西は焼いたものを鉄板に運んで来るだけだったあせあせ

フワフワで美味しかった。
B25 B26

息子を部屋まで送って9時半に法隆寺経由で亀山ICに向かう。
ここを12時に入らないと高速1,000円は無い!!
120kmを80分で達成。
ちなみに制限速度は60km(^^;
名阪道は高速道路みたいなもんだからね。
急ぐことは無かった。

途中2カ所で仮眠して、首都高速を渋滞前に通過して朝7時に帰宅。
B27

走行距離1,947km。
流石に翌日は一日寝ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

四国鮎遍路-往路-

久しぶりに四国へ鮎釣り。

息子に声をかけたら一緒に行くと言うので大阪で拾ってから高知県の安田川に行くことに。
息子とは小学校の時に四万十川、その後自転車でしまなみ海道を渡り、そして昨年は増水で釣りが果たせず高松で引き返したのと合わせて4度目の四国だ。
まあリベンジと言えばそうなんだけど・・・。

3日2:00AMに自宅を出て10:00に奈良県香芝のどんづる峯に到着。
いつも気になっていた場所。
1
息子のアパートからは車で10分ほど。県境を越えると大阪。
つまり相当田舎の大学な訳ふらふら

早速階段を登る。
2
こう見えてもワタシは高校時代は山岳部で5,000M高度計だって持っているのだ。
(せいぜい2,000Mしか登っていないけど)

階段を登りきると2分で山頂
3 4
幼稚園児が遠足で来ると言うのがよく解ったわーい(嬉しい顔)

それから息子のところに行き一緒にサイゼリヤで昼飯、もろもろ食料品を買い与えた。
月初めにしてもう生活費が底をついたらしい・・・。
無洗米や重いものを積んで来れるのは車の利点。

夕食はおしゃれなパスタ屋へ。

仮眠して、深夜12:00に大阪を出て、淡路島を渡り徳島から高速道で南国インターそして安田町に到着。
結構遠い(^^;
上流から河口まで一通り川を見て、駐車し易い場所に入る。
ほたる公園という河川公園。
サボテン? 南国らしい石垣なのでした。

5
先行者が一名、やる気満々で場所を確保している。
まだ6時なんですけど(^^;

河口の釣具屋に日釣り券\3,000円と囮2匹1,000円を買いに行って戻ってくると、先行者は釣り始めていた。
「竿は急瀬より早瀬で十分だと思うよ」なんてことをワタシにレクチャーしながら囮をいきなり投げている・・・。うーん新しい釣り方かも(^^;
竿は最初から水面と平行だし・・。
程なく先行者の囮は仮死状態。
「あれー3匹買ったのに2匹しか入っておらん。文句言ってきたほうがよいかのう」

それはワタシに囮を貸して欲しいと言う事??
ワタシは聞こえない振りをした。

ワタシはゆっくり支度して、釣具屋の老店主が言っていたように緩くて垢が残っていそうなところを静かに泳がせた
6
7
画像にポツンと移っているのがワタシ。@息子撮影

8時を過ぎると地元の釣り師も集まってきた。
懐かしい釣りのスタイルだ。
8

ポツポツ釣れたので上流に移動する。

今夜の宿は馬路温泉。
柚子で村興しした有名な村だ。
9
コンビニなんかもちろん無いけれど、オサレな産直の店やベーカリーがあった。
10 11
ゆずの花と言う店。

お勧めのパンを買って店のテラスで昼食。
釣りのタイツを履いたおやじとむさ苦しい息子が2人でパンを食べるのだった。
12
それが美味しいのよ!!
13
14  15
お勧めのアンパンとキンピラごぼうとベーコンのパンと黄な粉もちパン(多分米粉だと思う)
息子はカレーパンとチーズパンとソーセージパン。
ジェネレーションギャプにも十分対応しているお勧めのパン屋さんでした。

食後に店の前で1匹を追加して
16
17
18

実釣4時間で7匹だからまあまあでした。
漁協のブログでは30匹とか80匹釣れているとか・・。
まっ大本営の発表はいつの時代もそんなものでしょう。

早めにチェックイン。2時半わーい(嬉しい顔)
19
部屋から釣り人が見える。
20
すべすべの湯でリラックスしてコテージ風の部屋でしばし爆睡眠い(睡眠)

夕食は6時から。
時間調度に行ったのに・・・せっかく釣った鮎の塩焼きが冷たい。
21
この川は全国利き鮎コンテントで2回グランプリを取っている有名河川。
鮎焼代200円はしょうがないけど・・。
22
野菜と山菜中心の夕食は、野菜をまったく食べない息子はギブアップ。
酒の肴なんでしょうが、飲まないワタシもギブアップ。

最後に出てきたメインディッシュ(冷めたアマゴ)もなんだかな~。
23

突如クラシックギターの生演奏が始まった。
う~ん・・。曲はロマン歌謡げっそり
シクラメンのかほりとか(^^;
これが洋食のコース料理で曲がクラシックとかボサノバだったらなぁ。。。。

良い温泉なのにバラも入れるらしい・・・。
柚子なら解る、東北支援でリンゴにするなら理解出来る。
もし次回があるなら素泊まりで行きたい。

う~んう~んの一日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)