« 鮎ご飯deキャンプ | トップページ | 栃窪温泉「鷹の湯」 »

2010年7月12日 (月)

鮎ご飯deキャンプ -つづき-

少し寒い位で快適な夜が過ぎて河原に朝が来ました。

19
20 21

ごそごそと起き出して朝食の準備です。

 ちょっと背中が痛いと思ったら、しばらく使っていなかったマットが破れていたのでした。
本当はテントに泊まったほうが楽なのですが、雨の後の撤収や家に帰って干すことを考えると車中泊になってしまいます。
将来ホームレスになった時の予行にもなりますし(^^;

以前はキャンピングカーで釣りキャンプをしていましたが34
車の動力性能が・・・。
重い・遅い・砂利道は走れない・・そして良く故障するドイツ車なのでした。
車両価格750万にメインテナンスを考えると、一生分のビジネスホテル代が捻出できますからね・・。

別荘やキャンピングカーを定年後に考えておられる方は止めたほうが良いと思います。

 さて、残った鮎をブツ切りにして、鮎の味噌汁で朝食です。
内臓を取った鮎を使用します。

こういう状態で鮎の刺身(背ごし)を食べるヒトがいますが、間違いなく寄生虫がいますので止めたほうが良いです。

まあ料亭で出るものは安心でしょうけど。養殖は抗生物質の水槽で育っていますから(^^)
22 23 24
最近は液体の味噌が出ています。

25 26
鮎は生臭さが残りますので、葱は必須です。
豆腐はちょっと失敗でした。
鮎の繊細な味が死んでしまい、甘くなってしまいました。
味噌もなるべく「出汁入り」では無いほうが良いと思います。

鮎の味噌汁は、「鮎」「味噌」「葱」だけが良いですね。

 このまま帰るのも悔しいので、支流へ行って見ました。

27
十分釣りになるじゃないですか(^^)
荒川の支流で女川(おながわ)です。

暴れん坊の荒川に比べてやさしい里川です。
女はこうあるべきですね(^^)/

型は小さいものの、日本海から遡上した綺麗な鮎が釣れました。

28

29
昼食はスイカです。
鮎の香りとスイカの香りは一緒です。
30

荒川沿いの関川温泉名物のきんつば(要予約)を買って
31
日本旅館で温泉に入ります。

500円で入れてくれました(^^)
32

41.5℃に調整された檜風呂を独り占めして、大満足のキャンプでした。

帰りの高速道で遅い昼食となったのですが、ホワイトカレーと言う物。

33
シチューのカレー味ですね。

それも完全にお子ちゃま仕様だぁ・・。
新潟はイタリアンといい・・・もう・・キャンプでもこんなカレー作らないから(涙)

|

« 鮎ご飯deキャンプ | トップページ | 栃窪温泉「鷹の湯」 »

コメント

ニフティの釣りフォーラムのメンバーがまだ頑張っているのですか。
懐かしいなあ。
以前、米代でOLMやったときのことを思い出します。
しかし、今の小生は腰痛で川に長時間立ち込めません。
グスン。。。。。
歳はとりたくないなぁ。。。。

投稿: ミネルバ | 2010年7月13日 (火) 23時51分

ミネルバさん
今でもMixiというSNSに釣りフォーラムがあって、会議室にもぼちぼち書き込まれています。

CHAPさんも元気にしてましたよ。
石に座って釣ってましたけど(^^)

投稿: 秋山 | 2010年7月14日 (水) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮎ご飯deキャンプ -つづき-:

« 鮎ご飯deキャンプ | トップページ | 栃窪温泉「鷹の湯」 »