« 渓流解禁第3ラウンド | トップページ | 今週末は福島県会津 »

2010年4月 6日 (火)

たまにはこんな宿に

 ワタシは年間20回程温泉旅行をします。
99%が車の旅で、年間走行距離は2万5千キロを超えます。

4回に1回は家内を連れて行きますが、宿はほとんどビジネスホテルです。

地方都市で、地の物を食べてぐっすり寝るにはビジネスホテルが一番だからです。
温泉は日帰り施設で十分楽しめますし、シャワーの出が良いというのも一つの理由です。
温泉旅館の食べきれない料理がもったいないというのもあります。

※中国産の食材で仕出屋が作っていることが多いんですよ

 さて、今回は山形県最上町の瀬見温泉に行ってきました。
午前中の診療を終えて東北自動車道→山形自動車道経由で約7時間。

到着したのは山形県内最古(温泉宿建造物)の旅館です。

千と千尋の神隠しのモデルだと言われる風呂の旅館(群馬県)にも行きましたが、外観はこの旅館の方が雰囲気として近いものがあります。

1 2

※写真は翌朝の撮影です。

玄関に入ると木彫りの芸者ガール?が「いらっしゃいませ、どうぞこちらへ」と案内してくれます。山形弁だと「よぐきたなー」でしょうか(^^;

3 4

古い割には掃除が行き届いているのは気持ちのよいものです。

5

67 

廊下を進んで階段を降りて登って迷路を進みます・・・。

大浴場は一階の一番奥にありました。

8 9

ローマ式千人風呂というものですが。。。熱くて入れない・・・。

源泉は67.3℃で、山からの沢水を加水しているそうですが、「山ノ神のご機嫌によって濁りが混じることがございます」とあります。

でも、温度調節は山の神に任せてはいけないと思います。

繁盛旅館のお風呂はたいがい専任の温度管理者が居るものです。

仕方なく隣の小さい湯船に入湯してから部屋でくつろぎます。

11

湯治フロアなので部屋は6畳一間、でも無線LANでインターネット接続も快適でした。
一般的に旅館は1人宿泊を歓迎していないようですが、ここはOKですからいびき・歯軋り・寝言の酷い人(我々の釣り仲間)にもってこいです。

ただ・・・夜中に変な声が聞こえるのでした(恐)

12

さあ、無事に朝を迎えましたよ(^^)

一泊朝食付 4,200円 入湯税150円 冬季は暖房費630円別 (歯ブラシ・タオル・浴衣はありません)

夜中の変な声は階下の浴場からだったようです。

|

« 渓流解禁第3ラウンド | トップページ | 今週末は福島県会津 »

コメント

古い宿は趣があっていいですね。
夜中の声が座敷わらしだったら、もっといいのですが(笑)

投稿: marsh | 2010年4月 6日 (火) 21時00分

marsh さん

いつもは隣町の新庄市のルートインか古川市の東横インなのですが、無線LANが使えたのでビジネス・湯治パックで泊まってみました。
実は電気アンカ持参でした。
寒いの解っていましたから(^^;
座敷童の出る遠野の民宿は泊まったことがありますが、隣室が女子大生のグループで騒がしくて寝られませんでした。

投稿: 秋山 | 2010年4月 6日 (火) 21時27分

その遠野の民宿も火事で燃えてしまったのが残念です。でも今もその付近では座敷わらしがでるらしいですね。

投稿: marsh | 2010年4月 6日 (火) 23時02分

こんにちは。
年に20回の温泉旅行ですかぁ~いいですね!
それにしても趣のある旅館ですね。
いい感じだなぁ~。。。

投稿: tak | 2010年4月 6日 (火) 23時11分

Takさん
ご訪問ありがとうございます。

温泉が主目的では無いのですが、最近はどこも釣れなくて、「蕎麦喰って風呂入って帰るか」です。
古い旅館ですが奥方は喜ばないと思います(^^;

投稿: 秋山 | 2010年4月 7日 (水) 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはこんな宿に:

« 渓流解禁第3ラウンド | トップページ | 今週末は福島県会津 »